エンヤ

About

アイルランドが誇る世界最高峰のアーティスト!
Enya(エンヤ)の魅力に改めて迫る、スペシャル・コンテンツ!!

「世界を癒す奇跡の歌声」として、世界中のリスナーを魅了し続けている<エンヤ>。

日本でも映画/CMなどで楽曲が多数使用され、NHK紅白歌合戦にも出演するなど、文字通りのスーパースター・アーティストとして知られています。

その楽曲はファンのみならず、<癒し/ヒーリング>などを求める人々に愛され続けています。

ここでは、ベスト・アルバム『エンヤ〜オールタイム・ベスト』を含むその代表作にフォーカスし、エンヤとその楽曲の魅力に迫ります!

Discography

ディスコグラフィー
    • BEST ALBUM

    The Very Best Of Enya

    全21曲

    世界を癒す、奇跡の歌声。エンヤ自身が選曲した珠玉のベスト・アルバム。日本デビュー曲で、全英チャート1位を記録した「オリノコ・フロウ」、アメリカ同時多発テロの事件後にアメリカの人々を癒し、全米チャート最高位である10位を記録した「オンリー・タイム」、映画『冷静と情熱のあいだ』で使用された「ワイルド・チャイルド」、映画『ロード・オブ・ザ・リング』で使用された「メイ・イット・ビー」などを収録。(2009年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    Dark Sky Island

    全14曲

    自動車の使用が禁じられるなど21世紀においても独自の法律や自治権を持ち、「世界一美しい星空を眺めることが出来る島」として知られている英領チャンネル諸島に実在する“サーク島(the island of Sark)から大きなインスピレーションを受けた作品。「エコーズ・イン・レイン」は、エンヤの並ぶ者なき素晴らしい歌声と荘厳なトラックの絶妙なハーモニーが胸をうつ、美しい一曲となっている。(2015年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    And Winter Came...

    全12曲

    当初、クリスマス・アルバムを制作する予定だったが、コンセプトがこれにおさまらなくなったため、冬をテーマとしたオリジナル・アルバムとなった異色の作品。アルバム6曲目の「ありふれた奇跡」は同名のTVドラマの主題歌となった。(2008年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    AMARANTINE

    全12曲

    タイトルの『アマランタイン(Amarantine)』は、詩人が“永遠の花”を語る時に使う言葉。CM曲となった同名のシングル曲「アマランタイン」や、俳句にインスパイアされた、エンヤ初の日本語詞曲「菫草(すみれぐさ)」を収録。(2005年作品)

    BUY / STREAMING
    • SOUNDTRACK ALBUM

    THEMES FROM "CARMI CUORI APPASSIONATI"

    全14曲

    映画『冷静と情熱のあいだ』テーマ曲集。劇中ではエンヤの大ヒット曲、「ワイルド・チャイルド」「ブック・オブ・デイズ」はじめ、「オリノコ・フロウ」「ウォーター・マーク」「カリビアン・ブルー」「ケルツ」「三題詩」の7曲をフィーチャー。アルバム『フォー・ラヴァーズ ~「冷静と情熱のあいだ」テーマ曲集』には、これにアルバム未収録トラック2曲を含む7曲をプラスした、エンヤの魅力満載の内容となっている。(2001年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    A DAY WITHOUT RAIN

    全12曲

    映画「スウィート・ノベンバー」主題歌の「オンリー・タイム」は、アメリカ同時多発テロの事件後にアメリカの人々を癒し、エンヤの全米チャート最高位である10位を記録した。「ワイルド・チャイルド」も映画「冷静と情熱のあいだ」主題歌となり、大ヒットとなった。(2000年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    The Memory Of Trees

    全14曲

    サード・アルバムとなる今作は、エンヤの数々のヒット曲の中でも最高のポップ・チューンと評される「エニウェア・イズ」を収録。ポップ・テイストの曲から荘厳さを感じさせる曲、そして日本の伝統音楽の影響をみせる曲まで、エンヤの音楽性が最大に発揮された名盤。(1995年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    Shepherd Moon

    全15曲

    セカンド・アルバムとなる今作は、全米英No.1は勿論のこと、グラミー賞も受賞。現在までに1,150万枚のセールスを記録した。エンヤの人気を決定付けた超ロングセラー。(1991年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    WATERMARK

    全13曲

    エンヤの記念すべきデビュー・アルバム。シングル「オリノコ・フロウ」は全英3週連続No.1に輝き、全欧、日本、アメリカでも大ヒット。1,050万枚のワールド・ワイド・セールスを記録した。(1989年作品)

    BUY / STREAMING
    • ORIGINAL ALBUM

    The Celts

    全16曲

    デビュー・アルバム『ウォーターマーク』に先立つ1986年、BBCドキュメンタリー「THE CELTS 幻の民、ケルト人」のサウンドトラックとして制作された事実上のデビュー作。(1987年作品)

    BUY / STREAMING

Music Video

ミュージック・ビデオ
  • Orinoco Flow
    『ウォーターマーク』(1998年作品)に収録。全英チャート1位を記録した「オリノコ・フロウ」。旅をテーマにした、エンヤの代名詞ともいえる一曲で、世界の海を渡る、美しい映像のミュージック・ビデオ。
  • Caribbean Blue
    『シェパード・ムーン』(1991年作品)に収録。アルバムのシングル・カット曲で、全英13位を記録した名曲「カリビアン・ブルー」。マイケル・ゲーガン監督の独創的なミュージック・ビデオ。
  • Only Time
    『ア・デイ・ウィズアウト・レイン』(2000年作品)に収録。エンヤの最大のヒット曲であり、全米チャート10位を記録した「オンリー・タイム」のミュージック・ビデオは、ビデオの中で四季が表現されている、大変美しいビデオ。
  • Wild Child
    『ア・デイ・ウィズアウト・レイン』(2000年作品)の収録曲であり、映画「冷静と情熱のあいだ」の主題歌。そのため、「冷静と情熱のあいだ」のテーマ曲集のアルバム・カヴァーがビデオで再現されている。
  • The Celts
    『ケルツ』(1987年作品)に収録。この楽曲は、デビュー・アルバム『ウォーターマーク』に先立つ1986年、BBCドキュメンタリー「THE CELTS 幻の民、ケルト人」のサウンドトラックとして制作された事実上のデビュー作のタイトル曲。
  • Anywhere Is
    『メモリー・オブ・トゥリーズ』(1995年作品)に収録。全英7位、また日本で記録的な大ヒットを記録した「エニウェア・イズ」のミュージック・ビデオは、とてもカラフルな仕上がりで、躍動感にあふれている。
  • Book Of Days
    オリジナル・ヴァージョンは『シェパード・ムーン』(1998年作品)に収録。のちに、新たな歌詞で、映画「遥かなる大地」の主題歌となった。ビデオの中に、トム・クルーズ、ニコール・キッドマンも登場する。
  • Trains And Winter Rains
    『雪と氷の旋律』(2008年)収録作品。新境地と言える1曲で、エンヤとしては珍しく<現代の都会>が舞台となっているビデオ。
  • May It be
    2002年にシングルリリースされ、ピーター・ジャクソン監督の映画『ロード・オブ・ザ・リンク』に使用された。アカデミー賞歌謡曲賞にも、ノミネートされた。このビデオは2020年に新たに制作されたリリック・ビデオ。
  • Only If
    空前の大ヒットを日本で記録した初のベスト・アルバム『ペイント・ザ・スカイ~ザ・ベスト・オブ・エンヤ』(1997年作品)に収録された、当時の新曲となるリード・シングル。エンヤが魔法使いとなって夢を叶えるというビデオ。
  • Evening Falls
    『ウォーターマーク』(1989年作品)に収録。アルバムからのセカンド・シングルで、本国アイルランドでは3位を記録した。セピアの色あいが曲調とマッチしている。
  • It's in the rain
    『アマランタイン』(2005年作品)に収録。セカンド・シングルとなるこの曲のビデオはリード・シングルの「アマランタイン」とは対照的に、白の色彩が大変美しいビデオ。
  • Storms in Africa
    『ウォーターマーク』(1998年作品)に収録。シングルとして、リリースされたこの楽曲のビデオはタイトル通り、アフリカの風景が映し出されている。
  • On My Way Home
    『メモリー・オブ・トゥリーズ』(1995年作品)に収録。セカンド・シングルとなるこの曲のビデオは、雪の中、蒸気機関車に乗って故郷の家族のもとに帰るエンヤを描く、ハート・ウォーミングな内容となっている。
  • So I Could Find My Way
    『ダーク・スカイ・アイランド』(2015年作品)に収録。アルバムからの3枚目となるシングル楽曲。深紅のドレスに身を包んだエンヤと、多数のストリングスを含んだバック・ミュージシャンによる演奏映像が美しく印象的なビデオ。
  • Echoes In Rain
    『ダーク・スカイ・アイランド』(2015年作品)に収録。リード・シングルとなったこのビデオは、エンヤがストリングスをバックに歌唱する姿を映し出している。
  • Amarantine
    『アマランタイン』(2005年作品)に収録。アルバムからのリード・シングル。ギリシア語で「しぼまない花」という意味をもち、その花言葉に「不滅」「永遠の愛」という意味をもつという。赤の色彩が美しい。

Profile

プロフィール
エンヤ・ニ・ブレナン(Eithne Ní Bhraonáin)

本名:エンヤ・ニ・ブレナン(Eithne Ní Bhraonáin)
アイルランド北部ドニゴール州グウィドー生まれ。

87年アルバム『ケルツ』でソロ・デビュー。
WEA UKと正式契約後、88年に1stアルバム『ウォーターマーク』でメジャー・デビュー。
「オリノコ・フロウ」が世界中で大ヒット。

91年2ndアルバム『シェパード・ムーン』を発表、イギリスで1位を記録する他、アメリカでもビルボード・チャートに計199週間(約4年間)連続チャート・インというロング・セールスを記録。

日本でCMソングともなった「エニウェア・イズ」を収録した3rdアルバム『メモリー・オブ・トゥリーズ』(95年)をリリース。97年には彼女の約十年間の足跡をたどった初のベスト盤『ペイント・ザ・スカイ』を発売。日本だけでも200万枚を超える空前のセールスを記録。

4thアルバム『ア・デイ・ウィズ・アウト・レイン』は、映画『スゥイート・ノベンバー』の主題歌となった「オンリー・タイム」や、邦画『冷静と情熱のあいだ』主題歌「ワイルド・チャイルド」等を収録。
2001年には、大ヒットを記録した映画『冷静と情熱のあいだ』の公開にあわせ、期間限定でリリースされた日本独自企画盤『フォー・ラバーズ~「冷静と情熱のあいだ」テーマ曲集』を発表。
2005年、5thアルバム『アマランタイン』をリリース。CM曲となった「アマランタイン」や、俳句にインスパイアされた、エンヤ初の日本語詞曲「菫草(すみれぐさ)」を収録。約60万枚以上のセールスを記録。

2008年、6thアルバム『雪と氷の旋律 (原題:And winter came)』をリリース。同年12月31日、第59回NHK紅白歌合戦に特別企画として出演し、「オリノコ・フロウ~ありふれた奇跡」を歌唱した。

2009年、『エンヤ~オールタイム・ベスト (原題:The Very Best Of Enya) 』をリリース。

2015年には7年ぶりとなった新作『ダーク・スカイ・アイランド』をリリース。同年12月にはプロモーション来日にて各TV番組に出演。また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて一夜限りのシークレット・ステージを実施した。

エンヤの最新情報はこちらでチェック!
News